平凡サラリーマンが想定内の日常を綴るブログ

平凡なサラリーマンのロードバイクやランニングメインの日記。たまにその他の話題あり。

ランニングをしてみよう

おはようございます、サラリーマンサイクリストのシュンです。

 

少し前まで平日に固定ローラー台練習をしてましたが、住宅事情的にそのまま置いておけないので準備と片付けが実に面倒臭い…。ランニングならそんな事しているうちに行って帰って来れるやんって事で、最近ぼちぼち走るようにしています。

 

ロードバイクに乗り始める前はランニングを趣味にしようと思ってた時期があったのですが、膝の故障で数か月で断念した経緯があります。ランナーズニーとかも言われるみたいですが腸脛靭帯炎ってやつです。

 

11月23日の勤労感謝の日に思い立って走ってみましたが、4km走ったうちの2kmはほぼ歩いていました。ランニングをやめてから3年以上が経過していますが、膝の故障は治っていなかったようです。

 

筋や関節の専門家である知り合いの理学療法士に一度見てもらう事にしました。

 

右脚だけやたら筋肉付いてるけど…

 

1時間程度時間をかけて膝や股関節等関節の動き、筋肉の疲労具合等々見てもらいましたが、開口一番

 

 ・右脚にやたら筋肉が付いていて、そのせいで股関節の可動域が狭まってる。

 ・左右の脚の筋力差が大きく、カバーする為に弱い方の左脚が短くなっている。

 ・左脚の筋肉の方が緊張の度合いが強い。

 

要は左右のバランスが大きく崩れた状態になっているので、ランニング以前に日々入念なストレッチと左脚の筋力強化が必須と言われました。

 

こうなった原因は明らかに自転車でしょうね。

 

このまま自転車に乗ったら余計に悪化する

 

何の意識もなくこのまま自転車に乗り続けたら、多分今の状態が悪化していくんだろうと言う事は容易に想像が出来ます。

 

下手に左脚ばっかり筋力トレーニングして無駄な筋肉も付けたくないので、この際乗って改善してやろう!!という訳で11月26日は平地を走行し、意識して右脚を使わないようにペダリングしてみました。

f:id:whitecollarcyclist:20171208113946j:plain

 

右脚を自由に使って走っている時に比べると明らかにパフォーマンスは低下。ですが、弱点である左脚が強くなると右脚を解放したら一気に速くなれる可能性も有りますよね(僕の貧脚では無いかな)。

 

ペダリングモニターがあれば数値で確認しながら走れるのでいいのですが、高価なのでなかなか手が出ませんし、ここは感覚に頼って頑張ろうと思います。

 

冬場はサイクリングロードの週末平地練習が主体になるので、筋トレがてら少し重めのギアでトレーニングしたいと思います。っと、途中で自転車の話になっちゃいましたが、ランニングに関しても書いておかないと。

 

肝心のランニングの方ですが

 

スタート前に20分程度入念にストレッチをしてから走るようにしています。26日の3km程度なら特段問題無かったですが12月4日の6kmではラスト2kmで右膝に違和感が出て膝が上がらなくなり、一応最後までは走れましたが痛みも有りました。その後、3日間ほど膝の違和感がありましたが毎日ストレッチや自分でマッサージをしながら様子を見ていると回復してきました。

 

9日も早朝から走りました。

f:id:whitecollarcyclist:20171211112724j:plain

少しペースを抑え6分台半ばを基本に約6.5km問題無く走れました。変な部分疲労や違和感はなさそうなので、とりあえず当面は長くても6km~7kmに留め、慣れてきたら少しずつ距離を伸ばしていこうと思います。

 

という訳で運動前後のストレッチは必須ですが、何となくランニングも出来そうな感じになってきました。月曜日~金曜日は時間が有ればランニングを行って、日曜日や有給休暇取得日は自転車って感じにしよっかなと思ってます。

 

 

 12月1日は会社がお休みだったので山間部を自転車で走ってきました。次回はその走行記録を記事にしようと思っています。