平凡サラリーマンが想定内の日常を綴るブログ

平凡なサラリーマンのロードバイクやランニングメインの日記。たまにその他の話題あり。

長引く足の故障…(+_+)

皆さんお疲れ様です。見習いランナーのシュンです。

 

年度末である程度落ち着くかと思っていた仕事なんですが、4月に入っても忙しさ継続!!のんびりじっくりやりたい方なのでペースが乱れてストレスがスゴイ…。そろそろ落ち着きたいものです。このブログも放置気味になってしまってましたが、ストレス解消も兼ねて少しずつ更新していこうと思っています。

 

さてさて、以前にもこのブログに書いた通り、調子に乗って足を故障してしまったのです。

whitecollarcyclist.hatenablog.jp

 

多分腓骨筋腱炎ってやつで左足外側のくるぶし下あたりに荷重がかかるとズキっと痛みが出る感じでした。それから2週間経った4月8日(日)に試しに走ってみる事にしました。

 

普段の生活では痛みを殆ど感じなくなったけど

 

普段の生活の中では殆ど痛みを感じなくなっていたので、大丈夫だろうと考えていました。実はこの前日にも少し走ろうとして違和感があったのですぐにやめた経緯がありますが、いつまでもこのままでは面白くないので調子を見ながら走ります。

 

早朝からロードバイクに乗るかジョグするかは悩んだんですが、実は寝坊してしまってロードバイクの選択肢を自分で潰してしまうと言う…。

 

走り出しても脚に疲労が溜まってないので軽い軽い!!左足には若干の違和感を感じますが走れないというまでの痛みでもありません。早朝の清々しさも手伝ってジョグを継続します。

 

どの程度の距離を走ろうか

 

走りながらどのくらいの距離を走ろうか考えてたんですが、さすがに10kmオーバーは少し怖いので、調子を見ながら6km~8km程度にしようと算段しました。ペースは5分台後半を刻んでる感じで故障する前とほぼ同じ感じです。

 

まだまだいけそうですが余裕のあるうちに4km地点で折り返す事にしました。

f:id:whitecollarcyclist:20180419154426j:plain

復路を走り始めてすぐに左脚の腸脛靭帯に少し違和感を感じます。

 

少し立ち止まってハムストリングを延ばして屈伸運動をしたりしながら少し様子を見ますがまだ走れそうな感じ。

 

電車でワープしようかとも考えたんですが無理なら歩けばええかとラフに考えて走って帰る事にしました。この時は気が付いてませんでしたが、実はワープする事が出来ない状態だったんです。

 

トラブル発生!!

 

そこから少し走った所で、念の為持ってきたつもりの定期入れがポケットに入ってない事に気が付きます。

 

家に置いてきたのかもしれませんので確認の為家の電話に連絡しても、家内の携帯に連絡しても長男のキッズ携帯に電話しますが誰も応答してくれません。

 

結局20分位電話し続けて心優しい次男坊が家の電話に出てくれました(^ ^)

 

事情を分かりやすいように説明すると受話器を置いて一生懸命探してくれて、最終的に「玄関に置いてあるよ」と眠そうな家内の声を聞いてホッとしました(^ ^)

 

体が冷えると走れなくなった

 

問題は一つ解決したのですが、代わりに体が完全に冷えてしまって、ジョグを再開しても腸脛靭帯は痛むし腓骨筋腱炎も完全に再発してるしで走れる状況ではなくなってました。まだ自宅までは2km程度ありますが6.5kmを経過した所で足を止めて徒歩で帰る事にしました。

f:id:whitecollarcyclist:20180420105414j:plain

家から遠くない所に安心してジョギングが出来るいい環境が有る事に感謝ですね。今年は故障している間に葉桜になっちゃいましたが、来年は満開の桜の下を走りたいものです。

 

やっぱりジョグを再開するには少し早かったようです。左足は歩行で痛みが出る程度に逆戻りしちゃってました。

 

この日の1kmあたりのスプリット

f:id:whitecollarcyclist:20180420113647j:plain

概ね1kmあたり5分台後半なので故障前とまあまあ似たようなペースですね。6km以降は脚の痛みでペースが落ちているのも分かります。

 

今後の展開を考える

 

日にちが経つと回復はするものの、これって結局の所根本的な解決にはなっていないんですよね。ジョグを再開したら痛みも再開なんて事にもなりかねません。

 

しっかり治るまで走らないのはいいとして、腓骨筋腱炎の対策を検討しておかないといけませんね。この怪我に関しては「踵への衝撃を和らげる」事に一定の効果があるようです。

 

考えた末にランニング用のインソールを導入する事にしました。その話はまた次回書かせてもらおうと思います。

 

ではでは