平凡サラリーマンが想定内の日常を綴るブログ

平凡なサラリーマンのロードバイクやランニングメインの日記。たまにその他の話題あり。

雨のライドも悪くない??【ライド記録-2018/11/4】

皆さんお疲れ様です、サラリーマンサイクリストのシュンです。

 

11月は1日と2日も朝活して3日土曜日はオフ。朝活の模様はまた別途記録用に記事にしますが、今日は11月4日(日)のライドレポートをしたいと思います。

 

土曜日は家族とお出掛けの為オフにして休息は充分に取れているので、日曜日は少しだけしっかり目に走ろうと4:00に目覚ましをかけましたが、不覚にも二度寝して5:00過ぎに起床…。珍しくDNSの気持ちが無かったのでそそくさと準備開始。

 

愛犬の散歩をしながら意外と寒くないのは分かっていたので、冬用のインナー上下を着込んでその上にジャージを着て、念の為ウィンドブレーカーを畳んでポケットに入れておきました。

 

この日から予定通りポジションを少し変更。

f:id:whitecollarcyclist:20181105102049j:plain

ひび割れを見つけたカーボンハンドルをゴミにしてアナトミックシャローなアルミハンドルへ変え、ついでに高さも限界まで下げておきました。

 

ハンドル回りがズッシリと重くなりましたが、下ハンも握りやすくポジションもまあまあいい感じです。

 

そんなこんなで定番コースをゆるりと流しにいきます。この日のテーマは「頑張らない」です。

f:id:whitecollarcyclist:20181105102531j:plain

1本目の短めの峠も、早くはないけどあれっ?と言う間にクリア。力が抜けてる分もしかしたら無駄なエネルギーを使ってないのかも。

 

ここから大正池の峠に向います。下りと平地は下ハンを握って進みますが、ハンドルが低い方が楽なポジションが取れてます。

 

ハンドル高いと楽ってのはやっぱり間違ってますね。低い方が上半身に力が入らず自然なポジションが取れてる気がします。過去にステム逆付けにしてでもハンドルを高くしろとアドバイス下さった方がいましたが何だったんでしょう?

 

大正池の登坂はいつもやや傾斜の強いスタートから3分の1でしんどくなってしまうので、今回は気張らずに最初から楽に上るようにしました。結局24分38秒で峠に到着。ベストから+4秒でさほど悪くない感じでした。

 

何かを掴めたのかポジションチェンジが功を奏したのか分かりませんが、まあ悪くない感じです。

 

大正池で小雨がパラパラと降ってきましたが今日は曇り時々晴れの予報。気にせずに進む事にしました。

f:id:whitecollarcyclist:20181105103722j:plain

ですが和束に下ってくるとそこそこ降ってきました。まあ止むだろうと予定通り信楽に向けて進む事に。

 

信号を左折して府道5号線に入ると和束のローソンから一人のローディが同じ方面に進もうと出てきました。軽く会釈して自分のペースで淡々と進みます。バックミラーで確認すると少し車間を空けてスマートに追走されているようです。意識しないつもりでも意識してしまいますね。

 

雨脚が強くなって本降りになってきました。「濡れるの嫌やしいつ折り返そうかな」と思いながら短いトンネルを2つ抜けて少し傾斜が上がった所で僕のペースがギアの選択ミスでダウン。するとスルッと横までこられて、

 

「おはようございます!少し前に出ますね。」

 

と爽やかに声を掛けて下さいました。スマートな追走の仕方と言い僕の中で好感度が一気にアップ!!その反面「雨の中でも着いていかな行かなしゃあないやん」って気持ちがあったのも事実。

 

後ろに付かせてもらって初めて気が付く。細い体に走り込んで引き締まった脚。「この人多分かなり速い人や!!」

 

すれ違いざまにフレームを確認した所BMC SLR01。剛性が高くてよく進みそうなフレーム。たけおき氏と同じやつ(何年モデルかは不明)。僕のロングライド用のフニャフニャフレームでどこまで頑張れるかやな。

 

ですがこの方、千切っていく気は無いみたい。僕の巡航速度を確認していたのか何とかギリギリ着いていけるペースをキープしてくれています。

 

最後京都府滋賀県の県境で傾斜の上がる所で少し千切れてしまいましたが、先の下りでペースを落として待っていてくれました。横に並んで長時間牽いてもらった事のお礼を言います。いろいろ話を聞いていると僕と同じ奈良から来られていて自宅もそう遠くない所のようです。

 

不意の雨で二人とも濡れ鼠状態ですが、取りあえず先のセブンイレブンまで移動しました。コンビニに入ろうとして段差に前輪を取られてガッシャーンと久々の落車!!ブラケットが少し内側に入ってしまいましたがフレームは無傷、問題無く走れそうです。

 

そうこうしているうちに寒さが襲ってきます。僕は迷わずウィンドブレーカーを着用、それでも寒い。彼は「俺ウィンブレ無しで生足ですわ、めちゃ寒いっす!!」との事。長居せずに帰路に着く事に。

 

「雨やし途中で帰りませんか?って言おう言おうと思って結局ここまできてしましましたね」って二人とも同じ事考えてたのには笑えました。

 

帰路のスタートは「遅くて申し訳ない」と断って僕が前に出ます。途中で彼が前に出て、またしばらくして僕が牽いてを繰り返して、和束のローソンまで帰ってくると雨はやんでました。

 

だけどウェアが雨で濡れて寒い!!補給を済ますとリスタート。

 

やっとこさ少しずつ暖かくなってきたので、帰り道もおしゃべりしながらZWIFTの事とか色々と情報交換。彼は考え方がしっかりしていて、相手に合わせる優しさもあるなかなかのナイスガイ、関西で言う「おもろいやつ」って感じでした

 

そんなこんなで雨には降られましたが、思い出に残る楽しいライドになりました。

 

この日のライド記録

f:id:whitecollarcyclist:20181105165157j:plain

ただ、雨と寒さで消耗が激しく、この日はその後ぼーっと過ごしていました(笑)

 

STRAVAでお友達になったんですが大正池を21分台で走る猛者でした。かなりペースを合わせてくれてたんですね。次回までには迷惑をかけないように鍛えておくぞ!!

 

このブログはブログ村ランキングに参加しています。本日の記事は如何でしたでしょうか??「ぷっ!!自分落車したん?大丈夫??」と思って頂ける方は下のバナーをクリックして応援宜しくお願いします(笑)

(注意)バナーをクリック頂くと日本ブログ村ロードバイクランキングに移動します。ブログ村に登録してなくてもブログをしてなくても、どなたでも押して頂くだけで投票が完了します。当然ですが課金等は一切ありませんのでご安心下さい。ロードバイクカテゴリの上位ブログも確認出来ますのでご興味があれば是非クリックをお願いします。