平凡サラリーマンが想定内の日常を綴るブログ

平凡なサラリーマンのロードバイクやランニングメインの日記。たまにその他の話題あり。

ヒールストライクからの脱却!!

皆さんお疲れ様です、見習いランナーのシュンです。

 

最近全然自転車に乗ってませんが、別にやめた訳でも飽きた訳でもなく、割と忙しくて自転車を準備して乗るのが憚られる状況なんです。ランならウェアに着替えてシューズ履けばすぐにでも走り出せますし、30分でもそこそこいい運動になるので平日のトレーニングには最適ですね。良い趣味を始めたものです。

 

前回はフォアフット練習についての記事を書きました。

whitecollarcyclist.hatenablog.jp

 

その後もフォアフット移行に向けて練習を続けています。毎日朝晩の愛犬との散歩時のフォアフットウォーキング、一日おきに5km程度のフォアフット練習ラン。とまあこんな感じです。

 

当初はふくらはぎの厳しい筋肉痛に閉口しましたが、5日目の昨日には随分とそれもましになってきました。まだ少し痛みは残ってはいますが、少しずつ適応してきたみたいです。走ってみると左足の方が安定して着地出来ている反面、右足は着地の衝撃に負けてる感じがあり、明らかに疲労も蓄積しているのでこれからの成長に期待したい所です。

 

僕の場合、フォアフットには踵にエアの入ったようなシューズや踵部が厚いシューズよりも、ランニングに使用しているNBのHANZO Tのようにアウトソールが比較的薄い方が明らかに合っている感じがします。

f:id:whitecollarcyclist:20180509083330j:plain

フォアフットとは①中足部(足指の付け根あたり)着地→②踵着地→③地面を蹴るという一連の動作と理解しているのですが(間違ってたらご指摘ください)、踵の厚いシューズでは意識してもヒールストライクに近い着地かつま先走りのどちらかしか出来ません。ある意味つま先走りはめちゃくちゃトレーニングになるとは思いますけど(笑)

 

実際走っている自分の足が見られないので何とも言えませんが、多分現状はほぼミッドフットな着地をしているんじゃないかな?と思ってます。特に弱い右足については。ただ、怪我が多くあまり効率的ではないと言われているヒールストライク走法からは明らかに脱却の方向に進んでいるので少しずつ結果は出てるはず。

 

目下の悩みはフォアフットの場合、ペースを上げると足指がシューズのつま先部分に強く接触してしまい少し痛みが出てしまっている所。実はこれも右足の方が痛みが強いんです。もう一度シューレースを適度に締め直してみようと思っています。

 

このフォアフット練習の記事は自分への記録も兼ねて不定期ですがある程度更新の幅を狭めてお伝えしようと思っています。諸先輩方、「お前間違ってるよ」等アドバイスがあれば宜しくお願いします。