平凡サラリーマンが想定内の日常を綴るブログ

平凡なサラリーマンのロードバイクやランニングメインの日記。たまにその他の話題あり。

アルミとカーボンの狭間で【ライド記録・機材のこと-2018/11/11-】

皆さんお疲れ様です、サラリーマンサイクリストのシュンです。

 

前回お伝えした通り、アルミフレームのCAAD10にレーゼロナイトを履いてカーボンフレームTIME Fluidity Firstとの差を検証すべく走ってきました。

f:id:whitecollarcyclist:20181112114536j:plain

先週と同じルートを走りますが、参考になるのは自宅~JPT 京都ステージ KOMポイント~大正池までとなります。と言うのも前回は和束町ローソンから偶発的に協調する相手が居た事、そして和束~信楽は雨であった事から条件的に揃わない。

 

フレーム以外に条件が揃ってないのは、車重が0.7kg重たい事、CAAD10は出力が見える事、クランク長が175mmである事の3点です。

 

家を出てアップがてらのんびりと漕ぎ出しましたが、出力がSTRADA SMARTに表示されるので所々確認しながら進みます。ゼロ発進の踏み出しでだいたい300w前後、巡航で150w前後、下りユルリで70w前後って感じでしょうか。

 

STRAVAの主なセグメントを利用して通過タイムの差を確認していきたいと思います。

 

●乾谷TT(1.41km、2%)

 11/4 First→3:00  11/11 CAAD10→3:00 全くの同タイム

 

●高塚TT(1.89km、4%)

 11/4 First→5:33  11/11 CAAD10→5:29 CAAD10の方が4秒速い

 

●高船Climb(1.65km、4%)

 11/4 First→4:44  11/11 CAAD10→4:34 CAAD10の方が10秒速い

 

大正池(7.85km、4%)

 11/4 First→24:38  11/11 CAAD10→24:51 Firstの方が13秒速い

 

うーん何とも言えない結果ですね。短い登坂であればダイレクトにパワーの伝わるCAAD10が有利、長い登坂になると軽いFirstの方が有利って感じでしょうか。けど一番長い大正池でも13秒差ですからね。誤差の範囲かもしれない。僕の大正池のベストタイムは24:34、実は10月にCAAD10にレーゼロナイトの組合せで出していますしね。

 

いずれにせよ、

 

タイムが拮抗し過ぎてて優劣が付けられない

 

と言う事でしょうか。感覚論ですが平地巡航でのトップスピードはFirstの方が2~3kph出てるかなって感じです。そして乗り心地は明らかにFirstの方が良いです。CAAD10は速度維持がしやすいしFirstに比べると硬いですが、硬すぎて変に疲れるといった事はありませんでした。

 

FirstにはFirstの良さがあり、CAAD10にはCAAD10の良さがある。結局の所、喧嘩両成敗的な面白みのない結果になりました。

 

という訳で前回同様にそのまま信楽まで抜けて、今回は少し先の陶芸の森まで走りました。

f:id:whitecollarcyclist:20181112181800j:plain

天気は良くて爽やか、寒すぎない最高の自転車日和でした。

 

湯船森林公園のあたりでは紅葉が見られました。

f:id:whitecollarcyclist:20181112181935j:plain

秋が深まっていきますね。

 

そんなこんなでこの日は往復110kmの走行となりました。帰路は少しタレ気味でしたが多分無補給で4時間以上走り続けたからだと思います。

f:id:whitecollarcyclist:20181112182148j:plain

175mmクランク、パワーメーターと外乗りでは初体験な事も有りながらですが、気持ちいい気候の中を楽しく走ってきました。

 

CATEYEアプリの記録とSTRAVAの記録に割と差が出ています。

f:id:whitecollarcyclist:20181112183131j:plain

どちらも同じGPSの記録をベースに使ってるはずなのにね。まあこの辺りは自分に対するモノサシ的なデータなのであまりこだわる事もないかな。計測機器が変われば計測結果も微妙に変わるでしょうから。

 

今回の実験で一つだけハッキリ差が出たのは疲労の溜まり具合です。これは振動吸収性が抜群なTIME Fluidity Firstの方が圧倒的に楽です。まあ、ここで結論を出すとすれば

 

まあどっちでもいい…

 

って事ですかね。CAAD10ならパワーメーターも装備しているしこの僅差ならそれを十分に活用したいというのも有ります。まあ200kmを超えるライド(するかどうかは別)にはTIME Fluidity Firstですかね。もう少し年齢を重ねるときっとFirstが良くなると思います。

 

今回の結果から2台持ちする程の意味合いを感じないですね。ローラー用に金属フレームはどうしても1台所有しておきたいところなので、当面は資金を集中させる為にCAAD10中心で行くかな。ポジションもバッチり出てるしね。

 

まあ取りあえずそんな事に悩みながらも自転車は楽しいですね。

 

このブログはブログ村ランキングに参加しています。本日の記事は如何でしたでしょうか??「あなたの脚ならどれでも一緒じゃないの?」と思って頂ける方は下のバナーをクリックして応援宜しくお願いします(笑)

(注意)バナーをクリック頂くと日本ブログ村ロードバイクランキングに移動します。ブログ村に登録してなくてもブログをしてなくても、どなたでも押して頂くだけで投票が完了します。当然ですが課金等は一切ありませんのでご安心下さい。ロードバイクカテゴリの上位ブログも確認出来ますのでご興味があれば是非クリックをお願いします。