ロードバイクでチャリチャリやってます

人生マイペース、自転車もマイペース

最低20wはダウンしてますな【朝練Zwift日記-8/21/2019】

皆さんお疲れ様です、サラリーマンサイクリストのシュンです。

 

本日は久々の朝練、何とか目覚める事が出来ました。一度サボるとズルズルいっちゃう根性無しなので、明日も頑張って何とか再習慣化しないと、脚の鈍り具合がヤバめです。

 

「早く起きるなら早く寝る」こんな当たり前の事をもう一回真面目に考える事にしました。日付が変わってベッドに入り早朝4時に起きるとかやっぱり普通じゃないし、目標22時就寝→4時起床で6時間程度の睡眠時間は確保すべきでしょうね。

 

そうそう朝練の話でした。

 

前日の夜にザーッと通り雨が降っていたので周回練は諦めてローラー台の準備をしておきました。11時20分就寝→4時10分起床。←全然6時間睡眠出来てない。寝覚めは悪くなく朝練に対する意欲も十分でした。愛犬の散歩もササっと済ませて4:45にライドオンし4:50からいつものイベントに参加です。

 

AHDR Bacon Rolls with Caffeine(Ride)(B)

f:id:whitecollarcyclist:20190821104550j:plain

いつもと違うのは“with Caffeine”って所ですかね。その辺りはライドリーダーが説明してくれてました。このハードコピーにも書いてある通りInnsburuckring3周回まではいつものグループライドでそれ以降は模擬レースって感じですかね。

 

平坦はいつもの通り3.0w/kg前後でコース内にある長めの登坂は4.0w/kg以上という感じで集団は進みます。

f:id:whitecollarcyclist:20190821104936j:plain

私、この辺りは地味に苦しんでおります。千切れたらグループライドの意味がないので耐えてますが、調子のよかった6月頃からみると20w程度出力が下がっている感覚があります。サボり過ぎたかな…。

 

3回目の登坂も何とかこなして、ここからが模擬レースとなります。

f:id:whitecollarcyclist:20190821105343j:plain

レース志向の方はガンガン行く感じですが、逆にグループライドが望みなら周りとペースを合わせて集団で進めばいいみたいです。僕は脚が残ってないので後者を選択。20人前後の第二集団にコバンザメです。

 

最後3分がキツくてぜんぜん踏めませんでしたが何とか終了。

f:id:whitecollarcyclist:20190821105826j:plain

画面表示は50位辺りだったのにゴールしたら26位?この順位の意味合いが不明(笑)。平均198w(NP205w)でした。

 

1時間平均で3.0w/kg以下とか如何に雑魚かよく分かります。

f:id:whitecollarcyclist:20190821110034j:plain

このコースは登坂後の下り坂でサボっちゃうんだよなぁ。←苦しい言い訳(笑)

 

6月以降ぜんぜん距離を走れてないから当然脚も鈍ってますね。冒頭にも書きましたけど朝練の再習慣化に向けて生活リズムを見直そう。尿酸値もイエローカードなので一挙両得を狙ってまずは就寝前の晩酌をやめてみるかな。飲酒は週末の楽しみにしよう。あとは体重を65kg以下(現行-2kg)にジンワリ下げていくか。

久々にZWIFTレースに参加した件【Zwift日記】

皆さんお疲れ様です、サラリーマンサイクリストのシュンです。

 

お盆休みも無事に終了して日常が戻ってきましたね。車通勤の時間も金曜日は40分で着いたのに昨日と今朝は1時間10分と渋滞も日常レベルでした(笑)

 

朝練の習慣も完全に崩れてしまって今の所4日間完全オフ状態です。そろそろ再始動しないといけないと密かに焦っております。

 

先日、自転車仲間のA氏と走りながらした会話の中に「結局インターバルやらんと強くならんですよね」というのがあったのですが、僕はしんどいのが致命的に嫌いなんです。なので「俺はやらんっす」と即答。単なる根性無しなのです。

 

ZWIFTにはインターバル練習のメニューがいっぱい有るのにやらなくなったのは結局しんどいし面白くないんですよね。

 

かといってのんびり流したりグループライドでお茶を濁してても、楽しいけどどうなん?と思わんでもないので、レースイベントに頻繁に参加してみる事にしました。

 

善は急げで8月10日から早速やってみたんですが、10日は空回りして集団に着いていけずDNFにしてしまいモヤモヤ…。その反省も踏まえて11日、14日、15日と1レースずつ参加してみました。

 

3R Volcano Climb Race - 1Lap(22.4km/14mi 204m) Cカテゴリ

f:id:whitecollarcyclist:20190820174030j:plain

f:id:whitecollarcyclist:20190820174128j:plain

f:id:whitecollarcyclist:20190820174137j:plain総合30位/68人中、Cカテゴリ8位/24人中という結果でした。

 

若干長めな登坂があるこのレースは平均220w(3.3w/kg)でNP227w(3.4w/kg)という結果でした。最終スプリントで700wほど出して腹筋にゴーンと痛みが出ました。

 

3R Innnsbruck Flat Race - 3Laps(26.4km/16.4mi 231m)Cカテゴリ

f:id:whitecollarcyclist:20190820174200j:plain

f:id:whitecollarcyclist:20190820174211j:plain

f:id:whitecollarcyclist:20190820174219j:plain

総合33位/76人中、Cカテゴリ10位/22人中という結果でした。

 

コース内に若干長めの登坂があってここは4倍以上出さないと余裕で集団から千切れるので、そこ以外でどれだけ上手く脚を休ませるかポイントでしたね。と言いながら最後の登坂で千切れて最後は一人旅でしたけど。

 

平均200w(3.0w/kg)、NP208w(3.1w/kg)でちょいサボりすぎたかなぁって感じでした。

 

3R Park Perimeter Loop Flat Race - 3 Laps(29.1km/18mi 378m)Cカテゴリ

f:id:whitecollarcyclist:20190820174300j:plain

f:id:whitecollarcyclist:20190820174310j:plain

f:id:whitecollarcyclist:20190820174323j:plain

総合20位/57人中、Cカテゴリ6位/16人中という結果でした。

 

New York CityのマップはFlatとか言いながらアップダウンの連続なので登坂で何処まで耐えるかがポイントになりますね。どのレースにも言える事ですがAカテゴリに釣られて頑張り過ぎたら後が大変なので自分の脚に合う人とパックになるのが吉と思います。

 

平均216w(3.2w/kg)、NP223w(3.3w/kg)でそこそこ頑張ったけどちょっとサボったかなぁって感じでした。

 

このレースでは終始日本人の方に頑張って牽いてもらってました。最後は一騎打ちのスプリント勝負。ゴンっ!!と踏んだら勝ちそうになったけど卑怯な気がしたのでゴール前で脚を緩めて着を譲らせてもらいました。

 

レースイベントに出ると短時間ですが一瞬の出力の上げ下げがあったり、張り合う事で自分に甘えて妥協したりも少なくなるのでいいトレーニングになっている気がしますし、何より駆け引きがあるので楽しいですね。

 

 

因みにこの3レースですが、Zwift Powerでは「UPG」扱いで着を付けてもらっていません。

f:id:whitecollarcyclist:20190820174712j:plain

一応僕はBカテゴリに所属しているので、こんなに弱弱な感じでもBカテゴリで出走しろって事なんでしょうね。次からはBで出ますけど脚力も落ちてるし地力つけないと恥ずかしいっすね。

 

お盆休みはじっくり乗り込めました【Zwift日記-8/10/2019】

皆さんお疲れ様です、サラリーマンサイクリストのシュンです。

 

お盆休みも昨日で終了し本日からお仕事でした。明日からの土日はお休みなので今日はリハビリみたいなものでした。

 

最近は仕事が忙しかったり出張が入ったりでお盆休み前1週間は完全に自転車はオフモード。元々大した事の無い脚もすっかり鈍ってしまいました。お盆休みは特段予定も入れてませんしじっくりと乗り込むつもりでした。結果として6日間で短時間でも必ずサドルの上に座る事が出来ました。

 

今日は初日8月10日のローラー練習についてレポートしたいと思います。

f:id:whitecollarcyclist:20190816173840j:plain

1週間ぶりなのでリハビリがてらDカテゴリのグループライドに参加です。

 

集団の中切れを埋めに行ったり、一部スプリントセグメントで遊んだりしながら1時間前。丁度いい感じで汗がかけました。

f:id:whitecollarcyclist:20190816174059j:plain

f:id:whitecollarcyclist:20190816174140j:plain

リハビリには丁度良かったです。

f:id:whitecollarcyclist:20190816173917j:plain

 

脚も残っていたので直後にレースイベントに参加する事に。

f:id:whitecollarcyclist:20190816174259j:plain

NEW YORKのルートは結構アップダウンの多いのですが…

 

案の定登坂で千切れてしまい心も折れたのでDNFにしました。

f:id:whitecollarcyclist:20190816174425j:plain

これじゃあいかんですね…情けないです。

 

1時間のグループライドで若干疲れがあったのか粘れませんでした。

f:id:whitecollarcyclist:20190816174453j:plain

ここで一旦サドルから降りて休憩する事に。

 

用事を済ませて夕方に空いた時間でもう一回レースイベントに参加する事に

f:id:whitecollarcyclist:20190816174717j:plain

今回は超フラットで距離も20km程度しかないので高速レースになりそうです。

 

今回は苦しくても諦めずに30番手争いをしながら頑張ったのですが、ネット回線の通信障害で一気に周りの人達が消えてしまいました…

f:id:whitecollarcyclist:20190816175100j:plain

何かの拍子に復帰しないかしばらく漕ぎ続けましたが無駄な努力でした。結局レースを降りました。

 

結構踏めてたのに無念でなりません。

f:id:whitecollarcyclist:20190816175236j:plain

次の用事の時間が迫っていたのでこの日はこれにて終了。気分的にスッキリしませんが、まあいい汗はかけたので良かった事にしましょう。初日に獲得したTSSは約120でした。

 

翌日は外を走りに行くつもりが早起きに失敗したのでリベンジでZwiftレースに参加しておきました。その模様はまた次の記事に書かせてもらいたいと思います。

 

履いてみて分かったディープリムの真実【機材のこと-8/6/2019】

皆さんお疲れ様です、サラリーマンサイクリストのシュンです。

 

今朝起きるとまさかの雨で朝練は急遽中止に…。まあ仕方ない、とりあえず明日頑張ろう。フルタイムワーカー兼子育てパパなので今は細かく積み上げるしかない。あと数年もすれば子供が良い練習相手になってくれると思うんですけどね。

 

という訳で今日はホイールについての雑感を書いておこうと思います。

 

7月末からディープリムのDURA-ACE WH-9000 C50 TUにホイールを再度履き替えて、坂を登ったり周回練習をしたりで300km足らず走行しました。

f:id:whitecollarcyclist:20190730091613j:plain

見た目的にはかなりGOODですが、

 

俺の脚では全然踏めないわorz

 

単純にリムの重さに負けてるんでしょうね。これしか知らなければ「良いホイールだ!!」とか思うんでしょうけど、実際Fulcrum Racing Zero Niteの方が軽くて余裕で扱いやすいです。

 

周回練習のデータを比較してみると、

DURA-ACE WH-9000 C50 TU

f:id:whitecollarcyclist:20190806113541j:plain

最速ラップ4:16(222w、32.8kph)、平均ケイデンス90rpm、平均出力191w、加重平均パワー199w。

 

②Fulcrum Racing Zero Nite

f:id:whitecollarcyclist:20190703102238j:plain

最速ラップ4:13(221w、33.2kph)、平均ケイデンス93rpm、平均出力200w、加重平均パワー208w。

 

その差はラップタイムで3秒、平均ケイデンスで3rpm、平均出力で9w、加重平均パワー9wとそれなりに差が出ています。この中で一番のポイントは平均ケイデンスかな。1ケイデンスあたりのパワーが低くても数を稼げば出力はあがりますから3rpmの差は大きいと思います。

 

昨日もレポートした大正池ヒルクライムコースでも1分以上の差が出ていますし、登坂中のフィーリングもRacing Zeroの方が全然上。ディープリムの恩恵を一番感じるのは踏める長ーい下り坂。後は30kph台後半での平坦巡行はホイールが勝手に転がる感覚がありますね。

 

ブレーキの効き具合もそうですが、リムの痛み等を考えると色々と気を使いますし、横風の影響も受けやすいですしメリットよりもデメリットが勝ってしまいます。

 

いやもっと脚があってこのホイールを使いこなせれば違うと思うんですよ。僕が悪いんです。

 

という訳であまりにも相性が悪いのでホイールはRacing Zero Niteに戻す事にします。

f:id:whitecollarcyclist:20190708102200j:plain

これはこれで格好良いですからね。

 

オークションに放出しようかとも考えましたが、折角高いホイールを手に入れたんだし腐るものでもないのでもう少し小マシな脚(FTP270w、4.0w/kg以上。まだ先は長い)になったら、またチャレンジしてみようと思います。

 

またGP5000発注しよっかな。

無理せずに撤退!!【8/4/2019-自転車走行記録】

皆さんお疲れ様です、サラリーマンサイクリストのシュンです。

 

TIMEのヘッドキャップの件は決着が付きました。

f:id:whitecollarcyclist:20190805110654j:plain

近くのTIME取り扱いのショップさんで在庫があるとの事で2,800円+消費税で購入させてもらいました。結構同じような状況になり相談に来られる方も少なくないとか。しかも絶版部品との事で今回は運が良かったとしか言いようがありません。次なったらどうしようかな…。

 

さて、今日は昨日のライド日記を書いておきたいと思います。5:30起床でスタートは7:00。温度がジワジワと上がりつつある時間帯で億劫でしたが取り敢えずスタート。暑いと言えど走り出すと先週よりも気温は低く感じる。

 

今回はサイクリングロードでしっかりとアップし、大正池の登坂から和束町京都府)~甲賀市滋賀県)へ抜けていきます。

 

サイクリングロードまでとサイクリングロードは平坦な道。楽に回していくイメージで30kph巡行で進みます。途中で親子サイクリストを安全にパスして船の公園まできて休憩。数分後に親子サイクリストも到着して同世代のパパさんと少し会話。2年生の息子さんも「自転車楽しい!!」と言っていていい感じでした。

 

ここからほど近い大正池ヒルクライムに向かいます。暑いしディープリムだしでタイムトライアルとかは無し。序盤の勾配が若干強めの所で後ろからバイクのエンジン音がします。ミラーで確認すると数人のロードと後ろからバイク、恐らく大石塾の方達かな?

 

聞き取れない位小さな声で一声掛けられてからロードに抜かれます。バイクのおじさんは横に来て、

バ「あれに着いていってみーや」

シ「ペース的に無理です」

バ「ちょっと頑張ってみてもええと思うで」

シ「僕めちゃんこ遅いので厳しいです」

バ「まあ確かにあいつらは実業団選手やからな」

バ「後ろにうちの遅いやつおるから、追い付いてきたらそいつと来たって」

シ「追い付かれてから考えます」

バ「ほな頑張ってな!!」

という感じの会話がありました。ここで何度か同じように抜かれた経験はありましたが話掛けられたのは初めてでした。

 

結局その後、特段頑張らずに数人のロードをパスして峠に到着。

f:id:whitecollarcyclist:20190805113123j:plain

「遅い」と言われてるらしき人は僕が峠についてから2分経過したくらいで登って来られました。確かに今は遅いですけど半年後には抜かれるだろうな。僕も40歳を過ぎたオッサンですけど頑張らないと。

 

ここから先は山を向こう側に下って、頑張らずにぼちぼちのペースをキープしていつもの甲賀市セブンイレブンを目指します。

 

セブンイレブンではスポドリと水のボトルへの補給。麦茶とアイスで休憩って感じ。この日は結構な数のサイクリストがコンビニを利用していましたが、その中でも実業団選手らしき二人組が目を引きます。一人は脚ムッキムキで自信が滲み出ている感じでした。ホイールをコッソリと確認させてもらいましたが、一人はカンパニョーロのZONDAでもう一人はDURA C24でした。以前お会いした実業団選手もローハイトなホイールを履いてたし僕もレーゼロナイトでええかもしれませんね。

 

ここからどうしようか悩みましたが、先週はこの先に進んでヘトヘトになったので折り返すことにしました。脚に疲れはあまりないのでいつもよりも頑張ってペダルを回します。STRAVAの下りセグメントで単独でのベストタイムを2分ほど更新し24分台後半でした。ちなみにベストタイムは先月A氏のツキイチで出した24分台前半です。

 

距離は全然でしたが、最後までしっかり踏んで帰ってこれたので、これはこれで良かったと思っておきます。

f:id:whitecollarcyclist:20190805114804j:plain

厳しい暑さの中では無理をせずに季節が良くなってきたらまた距離をしっかり走りたいと思います。

 

今日の朝練は回復の為にオフにしましたが、今週はまた出張の予定が入っているので明日と明後日は朝練を頑張りたいと思います。速い人達に着いていく為には練習量が全然足りていない自覚があります。僕は自分への言い訳が多いのでもっと頑張らないとな。

ヘッドキャップの顛末【機材の事-8/2/2019】

皆さんお疲れ様です、サラリーマンサイクリストのシュンです。

 

今朝の朝練は結局オフ。西方面に日帰り出張が入った上に夜は職場の暑気払いとか余計なイベントが…。明日は久々山間部をサイクリング予定なので体力を温存しておきます。

 

なので、誰も興味が無いであろう昨日の続編記事を書いておきます。

 

帰宅して先ずはプレッシャープラグの在り処を確認して、もう一度自転車をしっかり観察してみます。

 

すると、あれ??俺勘違いしてたんやー。

f:id:whitecollarcyclist:20190802090527j:image

ヘッドキャップはコラムにハマってました。

 

どういう事かと言うと、この穴の空いている部分に3Kカーボンを塩ビでコーティングした丸型のシートがあったのですが、それだけが飛んでいったようです。

 

コラムの強度には問題無いですけど、このままじゃ水や汗、ホコリの侵入を防ぐ事は出来ません。

 

色々と思案した結果、こう言う事になりました。

f:id:whitecollarcyclist:20190802091121j:image

家内が何処かの国を訪れた時に持って帰ってきたコインを利用し、接着して穴を塞ぎました。これで機能だけは果たしてくれます。

 

CAAD10のプレッシャープラグはヘッドキャップの径が合わず使えませんでした。やっぱりTIMEのフォークコラムは肉厚なんですね。

 

正直見た目がかなり微妙なので、TIMEパーツの取り扱いがある最寄りのショップに取り寄せ可能か問い合わせておきました。

 

取り扱いが無いとか値段が高いとかなればこのまま運用するか、穴塞ぎをもっと見栄えの良いのに交換するか考えようと思います。

 

とりあえず走れる状態になって一安心って所ですけど、海外の物ってこういう時に入手性が低くて不便ですね。

 

わしのあれどこに行ったんや?【朝練周回練-8/1/2019】

皆さんお疲れ様です、サラリーマンサイクリストのシュンです。

 

本日は予定通り朝練を実施出来ました。4:05起床して4:45に朝練スタートです。今朝もなかなかの気温でムワっとした湿度。だけど昼間の炎天下に比べれば天国です。いつの間にか日の出が5:00過ぎになっているのでスタート時は若干薄暗い感じ。念のためライトを点滅状態で点灯しておきます。

 

1周回目、3周回まではウォーミングアップでいいやと力を抜いて走り出します。今朝は脚もそこそこ軽く調子はまあまあといった感じ。相変わらずディープリムは重いです。

 

2周回目は何故かグイグイ踏んでしまって一気に息が上がっちゃってゼイゼイ状態。この日の周回ベストタイム4:16。

 

しんどいので3周目以降は若干緩めるようにしてそのまま6周回目までこなしていきます。6周回目の終盤でヘッド周りに違和感。よく見るとヘッドキャップが無くなってます…マジかよ。

 

TIMEのヘッドセットは独特でコラムに雄ネジのネジ切りスリーブを嵌めてあって、専用の雌ネジを切ってあるパーツでヘッドチューブに固定してあります。なので直ちにハンドルにガタは出ないのですが、キャップがないとコラムの強度とステムのズレが心配です。

 

出発時には確かあったはずと7周回目以降は探しながら走りましたが一向に見つかる気配がありません。というかこんなの多少の振動ごときで外れたらダメでしょ。設計思想に無理があるような気もします。ヘッドキャップを探しながら結局13周回して時間切れ終了。見つからなかったよ…。

 

そんなこんなで本日の走行データ。

f:id:whitecollarcyclist:20190801091900j:plain

特段代わり映えしない感じでした。というか7周目以降は走りに集中出来てませんでした。

 

周回のデータ。

f:id:whitecollarcyclist:20190801092114j:plain

頭打ち感がありますがとりあえずコツコツ頑張ろう。

 

それよりもヘッドキャップどうしようかなぁ。こんなの5年乗ってて初めて。

f:id:whitecollarcyclist:20190801091652j:plain

TIMEの純正ヘッドキャップは高そうな気がするしまた紛失する可能性もありそうだ。内径を計って汎用のプレッシャープラグでも入れようかな。その方がガッツリ固定出来るし精神衛生上も良さそうな気がする(本来ガッツリ固定する必要はないんだけど)。

 

自宅のゴミパーツ入れにCAAD10用のプレッシャープラグの予備があったと思うけどサイズ合うのかなぁ。外径はオーバーサイズで一緒なんだけどこの画像見てると妙に肉厚に見えるし。とりあえず今晩試してみよう。ダメならパーツが手に入るまではCAAD10に乗ってればいいし。

 

なんかツイてないけど、この程度で厄落とし出来たと思えばいいかな。予備の自転車もあるのでとりあえず明日も朝練頑張るかぁ。